にっぽんの島旅~与論島~|しろくまツアー【公式】

menu

与論島ってどんなところ?

与論島は奄美群島の中で最も南に位置し、周辺を珊瑚礁に囲まれている隆起作用と造礁作用でできたサンゴの島です。天気のいい日は高台から沖縄本島が見えるくらい沖縄県に近く、琉球文化が色濃く表れています。ヨロンブルーと呼ばれる美しい海に囲まれた島には趣の異なる60の美しい砂浜があり、ほとんどがプライベートビーチ感満載♪一番の人気は幻の砂浜『百合ヶ浜』で九州の人気ツアースポットにもなっています!更なる推しは都会では見ることができない満天の星。街灯のない静かな海辺で見る星空は別格です!
昼も夜も満喫できる与論島の旅へ あなたをご案内いたします。

担当者おすすめツアー

おすすめホテル紹介

与論島旅行モデルコース

与論島 満喫モデルコース

  • Day1 1日目

    九州|与論島ツアーモデルコース ヨロン駅
    <10:00~>
    ヨロン駅

    与論島に鉄道は通っていませんが『ヨロン駅』と言う名のモニュメントがあり、線路・車輪・駅表・ゲートもしっかり揃っています。夜には満天の星を見ることができ、まさに銀河鉄道の駅として人気!
    九州|与論島旅行・ツアーモデルコース ウドノスビーチ
    <11:30~>
    ウドノスビーチ

    市街地から近く、砂浜も白くて美しい海水浴場。波は穏やかで泳ぎやすく、島人にも人気のビーチ。少し沖まで行くと珊瑚の群生地ががあり、与論特有の魚達とも出会えます♪さらに、運が良ければ亀にも会えるかも?!
    九州|与論島旅行・ツアーモデルコース 寺崎海岸・トゥマイ
    <13:00~>
    寺崎海岸・トゥマイ

    「龍の住む浜」といわれる島内最大のパワースポット。映画『めがね』のロケ地としても有名。映画の様に浜辺で体操してみてはいかがでしょうか。
    九州|与論島旅行・ツアー 舵引き丘
    <15:00~>
    舵引き丘

    遥か昔、2人の神によるヨロン誕生の神話が残されている地で、日中天気が良ければ沖縄やその他の島々を眺めることが出来ます。
  • Day2 2日目

    九州|与論島旅行・ツアーモデルコース 大金久海岸
    <10:00~>
    大金久海岸

    珊瑚礁で囲まれた与論島の東岸に位置し、遠浅なので海水浴やマリンスポーツに絶好のビーチとして人気があります♪近隣にはキャンプ場もあり、涼しくて快適です。百合が浜へはコチラの海岸からグラスボートで渡ります。
    九州|与論島旅行・ツアーモデルコース 百合ヶ浜
    <11:00~>
    幻の砂浜 百合が浜

    メディアで多数取り上げられ、与論でもっとも有名な観光地の【幻の砂浜  百合が浜】は4~10月の干潮時のみに現れます。透明度抜群の海に囲まれた純白の砂浜は一度も同じ状況になることはなく、その日限定の景色を楽しめます。百合ヶ浜では「年齢の数だけ星砂を拾えば幸せになれる。」という伝説もあります。
    九州|与論島旅行・ツアーモデルコース ゆんぬ・あーどぅる焼窯元
    <14:30~>
    ゆんぬ・あーどぅる焼窯元

    1. サトウキビやヤシ、ソテツなどの釉薬を使った焼き物の販売や陶芸体験ができるお店です♪旅の思い出にオリジナルのカップやお皿を作られてはいかがでしょうか。
  • Day3 3日目

    九州|与論島旅行・ツアーモデルコース ビーチリング
    <10:00~>
    ビーチリング(タイムトンネル)

    普段は海の下に隠れていて、干潮時にしか現れない幻のトンネル。この下をくぐると幸せになれると言われています。是非、大切な人と訪れてください。
    与論民族村
    <11:00~>
    与論民族村

    ここに行けば島人の歩みと心がわかる?!ヨロンの昭和30年~40年代の生活器具が保存されており、古き良き島の生活を感じさせてくれます。村内は係員が同行しながら与論島の歴史や文化・暮らしを詳しくお伝えします。また、草木染め体験、郷土玩具づくり、時期によっては黒糖づくりなどが体験できます。
    九州|与論島旅行・ツアーモデルコース 与論城跡・サザンクロスセンター
    <12:00~>
    与論城跡・サザンクロスセンター

    小高い丘に建つ一風変わった建物は、与論の歴史、文化、自然が詰まった資料館です。そばにある与論城跡は琉球北山王の三男である王舅(オーシャン)によって築城されたと言われています。国・町指定重要無形民俗文化財に指定されている『与論十五夜踊り』は与論城内地主神社にて行われます。

観光スポット・現地情報

担当者が厳選する与論島旅行の観光スポット

  • 与論島|百合が浜
    百合が浜
    人気ナンバー1の幻の砂浜!島の東側に位置する大金久海岸からグラスボートで沖合に出ると、春から夏場にかけて干潮時にだけ姿を見せる純白の砂浜です。この砂浜に落ちている星砂を歳の数だけ拾い集めると幸せになれるという言い伝えがあります。オススメは百合が浜に渡るグラスボート!運が良ければウミガメを肉眼で見ることができ、時には並走してくれることも!
  • 与論島|与論城跡
    与論城跡
    高台に位置し、天気が良ければ沖縄本土が眺められます!サザンクロスセンターに隣接している長い石垣は1405~1416年の間に琉球北山王の三男である王舅(オーシャン)によって築城されたといわれています。こちらには地主神社・琴平神社があり、年3回行われる年祭(与論十五夜踊り)は国の重要無形民俗文化財に指定されています。毎年旧暦3月・8月・10月の各15日に行われます。
  • 与論島|寺崎海岸・トゥマイ
    寺崎海岸・トゥマイ
    映画『めがね』メインロケ地!与論島北側のメジャーなビーチ。「龍の住む浜」とよばれ島内で最大のパワースポットです。サラサラの白い砂浜で広さもほどよく、あまり人が来ないビーチなので、運が良ければプライベートビーチになることも!?映画「めがね」では、この浜でメルシー体操が行われていたらしいので、映画ファンの方は人目を気にしながらメルシー体操をしましょう。最近になってビーチ入口手前にトイレが設置され、よりのんびり出来るようになりました。
  • 与論島|与論民族村
    与論民族村
    ここに来れば、島人の歩みと心に出会えます。ヨロンの昭和30年~40年代の生活器具が保存してあり、古き良き島の生活を十分に感じさせてくれる素朴さがあります。村内は係員がご案内しながら、与論島の歴史や文化・暮らしを詳しくお伝えします。また、草木染め体験、郷土玩具づくり、時期によっては黒糖づくりなどが体験できます。
  • 与論島|ビーチリング(タイムトンネル)
    ビーチリング(タイムトンネル)
    普段は海の下に隠れていて、干潮時にしか現れない幻のトンネル。この下をくぐると幸せになれると言われています。是非、大切な人と訪れてください。 幻つながりの【幻の砂浜  百合が浜】の近くに現れます。

与論島事前準備

与論島アクセス情報

横にスクロールできます。

飛行機AirPlane 飛行機AirPlane フェリーFerry
区間 鹿児島空港 ⇔ 与論空港 那覇空港 ⇔ 与論空港

那覇新港

 ⇒ 与論港
所要時間 約95分 約40分 約5時間
メリット ・移動時間が早い
・各空港から鹿児島経由で便利
・1日1便あり
・移動時間が鹿児島経由より早い
・各空港から那覇経由で便利
・1日1便あり
・料金が一番安い

与論島のおすすめ特集

与論島旅行に関するQ&A

Q.与論島でレンタカーは必要ですか?
与論島は小さな島なので、レンタカーよりも天気が良ければレンタサイクルやレンタバイクなどで南国の風を感じながらの移動がおすすめです。近年は電動キックボードも人気です。レンタカーを利用されるのであれば必要な分だけ時間借りするのがおすすめです。
Q.おすすめのビーチはどこですか?
島の周りには趣の異なる60の美しい砂浜があり、そのほとんどがプライベートビーチ感満載です。シュノーケリングなどが楽しめる赤崎海岸や龍の住む浜と言われていてパワースポットの寺崎海岸が人気でおすすめです。
Q.飲食店があるのはどのエリアですか?
ヨロン島の飲食店街やスーパーなどは空港より車で10分位の茶花周辺にあります。人気の居酒屋といえば地元の方にも愛されている「ひょうきん」でドラマの撮影もされていました。
Q.与論島でおすすめの
アクティビティ・観光施設は?
与論島の観光地といえば幻の砂浜「百合ヶ浜」です。春から夏にかけて中潮から大潮の干潮時だけ姿を現す真っ白な砂浜で、その美しさは一度は見ておきたい絶景。オプショナルツアー付きの商品も用意しています。
Q.与論島でおすすめのグルメは?
与論空港すぐ近く「蒼い珊瑚礁」の厳選したもずくを利用したもずくそばです。そば粉を使用していませんので、そばアレルギーの方もご賞味いただけます。赤崎海岸入口のお食事処「味咲」のふわふわかき氷もおすすめです。